謎だらけの探偵業!知らないままだと大損するかも?

現代社会の問題点と探偵の実態

インターネットが急速に普及している現代社会では、仕事の実体も相手の内容も知らないで、ネット上でのやり取りだけで取引を開始したりすることが増えております。

 

相手と一度もあったこともなく先方企業の会社がどれだけ信用出来るかも判っていないのに、ネット画面のホームページだけを見て取引に踏み切ることもあります。

 

しかし、現代社会の負の一面としてネット詐欺も横行していますので注意が必要です。ホームページや口コミなどを信用したために詐欺にあって、多額の損失を招いた企業や人もおります。少額な取引なら諦めもつきますが金額が大きい取引でしたら大問題になります。

 

昔のように取引を開始するまでには相当な時間を掛けてお互いを十分に知ってから、取引を開始する時代から現代ではインターネットで情報を交換して取引をする時代になっています。

 

この現象は企業だけにとどまらずに個人においてもネットで知る以外にお互いを知らなくても付き合いがはじまします。ネットで知り合って交際する男女が増えていることも大きく影響しております。ネットでの情報交換はお互いの顔も見えないので相互に無責任な付き合いも多くあります。

 

質の悪い探偵事務所によるトラブルが増えて問題が起きることの背景にはこのような事実が有るのです。浮気調査などが増えている時代に於いて、金儲けだけを目的にした探偵事務所が増えています。

 

急速に増える探偵事務所の業界ですので、中には程度が低く悪質な業者も増えて問題になっていますので注意する必要があります。

 

また、探偵事務所の仕事についても詳しく知っておくべきでしょう。

探偵事務所が起こすトラブル

激変する時代の様相を反映して相互の人間関係を信頼出来ない人が増えています。相互の不信感を解消するために探偵事務所を利用して相手の行動を調査する目的で浮気調査をする人が増えています。

 

このような時代ですので、この需要を捉えて金儲けをしたい探偵事務所の数も増えております。探偵事務所に調査を依頼して様々なトラブルが発生しておますので注意が必要です。

 

◆そのようなトラブルの実体の一部を参考までに記します。

 

依頼人の女性は12年前に恋愛結婚で結ばれ幸せな家庭を築いて来ました。有る時に匿名の電話が入ってご主人が浮気をしているという知らせを受けました。

 

当初は嫌がらせ電話と思っていましたが、最近のご主人の行動に不審な点が感じられることがあったので真実を確かめようと、ネットで探した探偵事務所に浮気調査を依頼しました。

 

調査費用は75万円で高いと思いましたが1週間ほどで二人の歩いている写真と尾行記録が提示されました。しかし、この報告だけでは浮気なのか単に仕事の関係のお付き合いかはっきりしません。浮気の決め手になる証拠物は有りませんし相手の女性の特定もできていません。

 

探偵事務所に追求すると「これ以上の調査には追加料金が必要になります。」と言われて判断に悩みましたが、追加料金として60万円を要求されましたのでしばらく様子を見ていました。

 

結果として探偵事務書が初めに証拠として提出した社員の女性はご主人の仕事関係で打ち合わせのために喫茶店で会っていただけのことが判明しました。結果的に私の思い過ごしで主人の浮気ではありませんでしたが、探偵事務所の無責任な調査にびっくりしています。